Nero Burning ROM のメイン画面から、すべての操作を開始します。ボタンとドロップダウンメニューを使用したメニューバーおよびツールバーで構成されています。   
次のメニューを使用できます。 
ファイル

開く、保存する、閉じるなどのプログラム機能があります。また、編集の設定オプションを開き、編集を更新し、設定オプションを定義することもできます。

編集

切り取り、コピー、削除などの選択画面でファイルを編集する機能があります。選択したファイルのプロパティを表示することもできます。

表示

ユーザーインターフェースをカスタマイズする、およびファイルブラウザを更新するオプションがあります。

ドライブ

レコーダの機能があります。レコーダの選択や、書き込みプロセスの開始、書き換え可能ディスクの消去などを実行できます。また、ディスクを取り出したり、ディスクに関する情報を表示したりすることもできます。

エクストラ

トラックをその他のフォーマットに変換する、およびオーディオ CD の曲をハードディスクドライブに保存するオプションがあります。

画面

編集エリアとブラウザエリアの位置を変更するオプションがあります。

ヘルプ

ヘルプを開くなどのヘルプ機能があり、アプリケーションに関する情報が表示されます。

メイン画面のツールバーでは、次の設定オプションが使用できます。 

書き込みまたはコピープロセスのオプションを選択できる[新規編集]ウィンドウが開きます。

既存の編集を開きます。

作業中の編集を保存します。

編集内で選択されている要素(選択範囲)を切り取ります。

 Nero Burning ROM  メイン画面 ce/images/png/nbr_s_auswahl_kopieren_63492875.png">

編集内容から選択した項目をコピーします。

事前に切り取られた、またはコピーされた選択範囲を貼り付けます。

ラベルやカバーの作成に使用できる Nero CoverDesigner を起動します。タイトル、番号、ファイルの名前などの現在の編集に関する情報はドキュメントデータに組み込まれます。詳細情報は Nero CoverDesigner のマニュアルを参照してください。

Nero Express を起動します。Nero Express は、Nero Burning ROM を基にしたウィザード駆動型のアプリケーションです。詳細情報は Nero Express のマニュアルを参照してください。

書き込み]タブを含む[編集内容を書き込む]ウィンドウを開いて、書き込みプロセスを起動します。

書き込み]タブを含む[新規編集]ウィンドウを開いて、コピープロセスを開始します。

コンテンツ(ある場合)や容量など、挿入されたディスクの情報を表示します。

選択したドライブを開きます。

ファイルブラウザの表示/非表示を切り替えます。

ドライブの選択メニュー

使用可能なレコーダーを表示します。

書き込みプロセスに使用できるドライブをリストから選択できる[ドライブの選択]ウィンドウが開きます。

Labelflash DVD のラベルまたはデータ側に印刷
するラベルを作成またはロードできる[レーベル書き込み]ウィンドウが開きます。
このボタンは、LabelFlash 対応のレコーダーが接続されている場合にのみ表示されます。

Nero CoverDesigner を起動して、LightScribe ディスクのラベル側に印刷されるラベルを作成またはロードします。
このボタンは、LightScribe 対応のドライブが接続されている場合にのみ表示されます。

プログラムおよびバージョン番号に関する情報が表示されます。

 

 

 

Nero Burning ROM に含まれる Nero Multimedia Suite からのみ、その他の Nero アプリケーションにアクセスすることができます。

 

 
以下も合わせてご覧下さい:
[新規編集]ウィンドウ
ブータブルディスク
LightScribe
Labelflash
イメージファイルを読み込む
[書き換え可能なディスクの消去]ウィンドウ
設定オプション

メイン画面