ISO]タブには、ISO ファイルシステムを設定するためのオプションが表示されます。 
ISO 9660 は、システムに依存しない標準規格です。このファイルシステムは、すべてのオペレーティングシステムで読み取ることができます。次の特徴があります。
 
 
 
§
8 文字までのファイル名+ 3 文字までのファイル拡張子(レベル 1)、またはファイル拡張子を含む 31 文字までのファイル名(レベル 2)を許容。
§
8 文字までのディレクトリ名を許容。
§
ディレクトリ階層の深さは、ルートフォルダを含めて最大 8 階層までに制限。
§
使用できる文字は、A-Z、0-9、およびアンダーバー(_)。
ISO]タブの[規制の緩和]領域で、選択したファイルシステムによって課される規制を緩和することができます。たとえば、Joliet 名に対して、より深い階層や 64 文字を超える文字数を許容することができます。 

 

 

 

ディスクをすべてのオペレーティングシステムで読み取る必要がある場合は、ファイルシステムとして ISO 9660 を選択し、[規制の緩和]エリアのチェックボックスをすべてオフにします。

 

 

 

 

一部のオペレーティングシステムでディスクを読み取ることができない場合、[ISO]タブの[情報]エリアに注意メッセージが表示されます。

 

 

 

 

ディスクの用途が主に Microsoft Windows コンピュータ用で、英子文字と、英文字(英語)以外の文字をファイル名に使用したい場合には、ファイルシステムに[ISO 9660 + Joliet]を選択してください。

 

 
ISO]タブの[データ]エリアおよび[ファイル]エリアでは、次の設定オプションが使用できます。
ドロップダウンメニュー
データモード

データのモードを選択します。[モード 1]と[モード 2/XA]を使用できます。最新のドライブは、モード 1 とモード 2/XA の CD を簡単に読み取ることができます。
ただし、一部の旧ドライブでは、モード 1 ディスクを正しく読み取ることができません。どんな場合でもディスクが旧ドライブで読み取られるようにするには、[モード 2/XA]形式を選択してください。 

ドロップダウンメニュー
ファイルシステム

データに使用するファイルシステムを選択します。
ISO 9660 のみ]: ISO 形式だけを使用します。[
ISO 9660 + Joliet]: Joliet 規格で拡張した ISO 形式を使用します。[
ISO 9660:1999]: 最新の ISO 形式のアップデートが使用されます。特に、207 文字や、より階層が深いディレクトリを使用できます。 

ドロップダウンメニュー
ファイル名の長さ

使用できるファイル名の長さを指定します。[レベル 1]と[レベル 2]を使用できます。レベル 1 を選択すると、ファイル名に 8 文字と、ファイル名の拡張子(.doc など)に 3 文字まで使用できます。レベル 2 を選択すると、ファイル名に使用できる文字数が 31 文字までになります。

ドロップダウンメニュー
文字セット

ISO 名に使用される文字セットを指定します。 

 
Joliet
Joliet は、ファイル名に関する ISO-9660 標準の拡張子を表します。Joliet は、より多くの文字を表すために Microsoft によって開発されました。ファイル名は最大 64 文字まで指定でき、A-Z、a-z、ウムラウトに加え、中国語、日本語、韓国語の文字を指定できます。

ISO 設定